桜

合格体験記

聖マリアンナ医科大学合格

吉久 佳史郎 さん

広島学院高等学校卒

合格体験記

一年目はあまり深く考えずに地元の予備校に通っていたが、校則が緩かったせいもあり、だらけてしまい、2浪が確定した。一年目の反省を踏まえて2年目は全寮制で朝から晩まで勉強を強いられる予備校に行ってみたが、授業に満足できずに寮生活にも馴染めず2年目も結果を出せないまま終わった。3年目を迎えるにあたり、父親と各地の予備校を見学して回り、親子とも一番素晴らしいと感じたメルリックス学院大阪校で一年過ごすことに決めた。メルリックス学院に決めた理由は、今まで2年間の反省を踏まえ、自らの自主性で学べる環境があること(集団授業か個別授業かを選択することが可能)、講師の質が高いこと、少人数制で手厚い指導が受けられそうなこと等が決め手となった。

自分はとにかく数学が苦手だったので、数学の克服には最後まで苦労しました。授業は自分の分からない箇所を発見する場として使い、分からない箇所は自学自習で納得するまで試行錯誤を繰り返しました。逆に英語は独学で学習し辛い性質があるので、授業で先生の英語に対する考え方や向き合い方を学び、自分の学習に取り入れるように心がけました。理科の授業も同様で基本は授業で学ぶというスタイルを貫きました。受験は孤独との戦いと言いますが、メルリックス学院大阪校は講師、仲間、教務スタッフの方々、SS(チューター)皆心温かい方ばかりで、予備校としてファミリーのような一体感がありました。おかげで孤独感を全く感じることはなかったです。皆さんには様々な点で助けてもらい、時にはレクリエーション、食事会などもあり、良い思い出が沢山詰まった浪人生活を送ることができました。

初めての方へ

お問い合わせ