桜

合格体験記

関西医科大学合格

澤 結花 さん

四天王寺高等学校卒

No Image

合格体験記

現役時代、まったく勉強する気がありませんでした。また、勉強という勉強をしたことがなかったので、センター試験では4割しか得点できず、とても医学部志望とはいえないような成績でした。自分で勉強をする方法や、努力の仕方がわからず、恥を忍んでメルリックスに相談したところ、全面的にサポートをしてくれるとのことだったので、入学を決めました。また、大阪校は平日朝8時半から夜10時まで開いており、自習室は指定することができるので、色々な面で勉強に集中できる環境が整っていたことも大きいです。

クラス授業では、個性豊かな先生方がそれぞれの方法で非常にわかりやすい授業をしてくださいました。基礎部分からしっかりと解説していただけるのが、少人数授業の魅力だと思います。また、問題演習が非常に多いにも関わらず、一問一問どこをどう間違えたのか、嫌というほどじっくりと見られます。クラスメイトがわからない問題の解説は、自分自身のよい復習になりました。
私は特に英語が苦手で、河合模試では偏差値40がやっとでした。ですので、クラス授業に加えて、個別授業を受けることにしました。個別授業では、クラス授業でついていけない所や、欠席した授業のフォローをしてもらいました。クラス授業では聞けないような基礎の基礎にあたるような質問にも、私が理解するまで何度も丁寧に説明してくださいました。的を得ない質問もたくさんしたと思いますが、先生方はずっと親身に付き合ってくださいました。

また、私は自力で勉強する方法がわからず、自分で問題集を買って、この分野の問題をいつまでに解くといったような計画を立てることや、スケジュールを立てること、それをきちんと実行することが自分一人ではできませんでした。そこで、各教科の先生方にどの問題集を、どの頻度で、どの程度までやるか、ということをすべて細かく決めてもらいました。また、事務員の方にその日の学習スケジュールの管理を手伝ってもらいました。計画どおりに実行することができていない日は厳しく発破をかけてもらい、きちんと実行できた日にはたくさん褒めていただきました。今、思えば、自分でやるべきようなことも、親身になってくださり、それが自分にとっては非常に大きな支えになりました。特に苦手だった英単語の小テストをさぼった日には、即呼び出され、事務所のカウンターで英単語テストを受けていました。最終的には合格するまで、事務所のカウンターで小テストを受ける日々でした。

初めての方へ

お問い合わせ